読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

/home/tnishinaga/TechMEMO

日々行ったこと、面白かったことを書き留めます。

WindowsでARMCCを用いてmbedライブラリをビルドする

LPC812をmbedライブラリを用いて開発したかったので、mbedライブラリのビルド方法を調べました。

事前準備

  • Python2.xのインストールとパスの設定
  • Keil MDK-ARM v5のインストール

インストール方法

基本は高橋さんの記事のとおりですが、少々変更点があります。

mbedのビルドをOS X上で行う - Qiita

Windows上でARMCCを用いてビルドするに必要なこと

LPC812のビルドはARMCC(Keil MDK-ARMに入ってるコンパイラ)以外ではできません。 よって高橋さんの記事を参考に、以下のビルドコマンドでビルドを行います。

$ python workspace_tools\build.py -m LPC812 -t uARM

しかし、以下のエラーが出てビルドができません。

[WARNING] Using default settings. Define your settings in the file "workspace_tools/private_settings.py" or in "./mbed_settings.py"
Building library CMSIS (LPC812, uARM)
[Error 2] 指定されたファイルが見つかりません。

Completed in: (0.01)s

  Build failures:
  * uARM::LPC812

-vオプションを付けて問題の詳細を確認し、printデバッグで調べたところ、どうやらコンパイラの場所指定がおかしいことがわかりました。 もう少し調べてみると、mbedライブラリではMDK-ARM v4を前提としており、加えてデフォルトではMDK-ARMではなく、スタンドアローンなARMCCを用いるようになっていました。

当該ファイルは workspace_tools\settings.py です。 これをMDK-ARM v5を用いるよう、以下のように書き換えます。

diff --git a/workspace_tools/settings.py b/workspace_tools/settings.py
index 3444f86..23090c1 100644
--- a/workspace_tools/settings.py
+++ b/workspace_tools/settings.py
@@ -30,13 +30,14 @@ ROOT = abspath(join(dirname(__file__), ".."))
 BUILD_DIR = abspath(join(ROOT, "build"))
 
 # ARM
-armcc = "standalone" # "keil", or "standalone", or "ds-5"
+armcc = "keil" # "keil", or "standalone", or "ds-5"
 
 if armcc == "keil":
-    ARM_PATH = "C:/Keil_4_54/ARM"
-    ARM_BIN = join(ARM_PATH, "BIN40")
-    ARM_INC = join(ARM_PATH, "RV31", "INC")
-    ARM_LIB = join(ARM_PATH, "RV31", "LIB")
+    #ARM_PATH = "C:/Keil_4_54/ARM"
+    ARM_PATH = "C:/Keil_v5/ARM"
+    ARM_BIN = join(ARM_PATH, "ARMCC", "bin")
+    ARM_INC = join(ARM_PATH, "ARMCC", "include")
+    ARM_LIB = join(ARM_PATH, "ARMCC", "lib")
 
 elif armcc == "standalone":
     ARM_PATH = "C:/Program Files/ARM/armcc_4.1_791"

あとは再度、以下のコマンドを実行すればビルドが完了します。

$ python workspace_tools\build.py -m LPC812 -t uARM